名港営業所 所長
S.I.さん (1980年入社)

1980年新卒採用で入社。当時、名古屋市守山区の三階橋にあった線材倉庫にて配送業務に1年従事。その後、受注業務と営業を兼務しながら、 現在の名港営業所のALC課の立ち上げに携わる。
その後、約10年に渡り、内装建材課にて営業兼配車業務を担当、ALC課の課長を経て、2011年4月に名港営業所所長に就任。

【Q1.所長の役割を教えて下さい。】

一言でまとめると、全てをオールマイティにこなせる“何でも屋”でしょうか。一通りのことは経験してきましたので業務の流れは把握しています。 常に冷静でずっしりと構えつつ、誰かが困ったときにそっと手を差し伸べられる、そういう存在になりたいですね。

【Q2.営業所はどんな雰囲気ですか?】

どこの営業所も雰囲気は良いと思いますが、特に名港営業所は当社の営業所の中でも規模が大きく、社員も多いため、にぎやかで勢いがありますね。 ノリがいい社員が多いので、いつも社内は明るい雰囲気です。

【Q3.どのような人材に期待していますか?】

どんな人が入社してもスタートラインは同じです。商品の価格ではなく、営業の“人柄”に価値を感じていただく商売ですので、 10人いれば10通りの個性があります。自分なりに考えて個性を発揮できる人ならやる気だけ持ってきてもらえば十分です。

ですが、仕事は自分一人だけでできるものではありません。仕事は“点”ではなく、“線”だと私は思います。流れを大切にしながら、 自分の後の人が効率良く、そして気持ち良く仕事ができるよう、連動性や組織感を持って働いてほしいと思います。

他の上司・先輩を見る