テラテック工法

土間コンクリート床の「傾き」「沈み」「たわみ」「段差」
まだ、打ち替えや上塗りをお考えですか?

テラテック工法なら床を壊さず、業務を止めず、修正できます。

土間コンクリート床下にテラテック樹脂を注入し、その膨張力で沈んだ床を水平に戻し、床下の空洞を埋める特許工法です。狭い範囲で施工できるため、機械や設備、荷物を撤去する必要がありません

床を壊さない工事なので従来工法(打ち替えや上塗り)に比べ、費用面と工期に大きな優位性があります。


【施工例1】プレス工場
 ~ 機械の重みで出来た段差

<施工前>
※クリックすると大きな画像が開きます。

<施工後>

【施工例2】ホームセンター
 ~ 地盤沈下による傾斜

<施工前>

<施工後>

「樹脂の強さ」
  • テラック樹脂は最低でも 1㎡あたり約 ㎡あたり約 19t の荷重に耐えることが証明されています。
  • 圧縮降状応力:193kN/㎡(テラック樹脂0509 5個の平均)
「フロンガスを発生しません」
  • テラック樹脂は生産工程において「フロンガス」を発する物質を意図的に添加・配合していません。
「NETISプラスの登録」
  • 当社の工法は、国土交通省新技術情報提供システム「NETISプラス」に登録されています。AC -150021 -P
「特許工法」
    国内特許登録
  • 特許4896949 沈下床の修正工法
  • 特許5379877 木造住宅の耐震補強構造と耐震補強方法
「土壌を汚染しません」
  • 試験方法:JIS規格 JIS A 1216ほか土壌汚染対策法に則る
  • 試験機関:一般財団法人化学物質評価研究機構 名古屋事業所
  • 土壌汚染対策法で指定されているすべての項目において試験で正確に定量できる最下濃度を下回っている(定量下限値未満である)ことが証明されました

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

【御問合せ先】
愛知県春日井市上田楽町2524
初穂商事株式会社 春日井営業所 外装建材課
TEL:(0568)73-2192