ガラス飛散防止コーティング材 MAMORI21








昨今、台風や地震など大規模な自然災害は立て続けに発生しており、建築構造物に対しては、新設・既設を問わず、より一層の耐久性が求められると同時に、環境適応に加えて安全性への配慮も必須となっています。
水性ガラス飛散防止コーティング材「MAMORI21」は、環境・防災の両立に加え、驚異的な耐候性を備えた「唯一無二」の画期的新塗材として、工場現場の皆様の安全安心をお届けします。


≪MAMORI21≫カタログ

【御問合せ先】
名古屋市中区錦二丁目14番21号
初穂商事株式会社
本社 開発事業部
TEL:(052)222-1066

「様々なガラスに施工できる」
  • 「網入りガラス」「型板ガラス」「すりガラス」など、凹凸があることでフィルムが貼れなかった種類のガラスへにも施工が可能です。
「フィルムの上からも施工できる」
  • 経年劣化して剥がせないフィルムの上から施工できるのもMAMORI-21だけです。
「ガラス以外の素材にも施工できる」
  • ガラス以外の釉薬タイル、FRPなどの基材にも強密着します。
「低温高温でも大丈夫」
  • 低温(-5°C)高温(60°C)でも高弾性体で塗布対象素材の伸縮に追従します。
「メンテナンスが容易」
  • 塗膜劣化後の維持管理が容易です。
「省資源」
  • 塗料のため、フィルムに比べ無駄が無く省資源です。
「可視光透過率に優れる」
  • 厚膜であるにも関わらず可視光透過率は90.6%(可視光:750nm、膜厚:200μm)